2017年5月25日 (木)

今年のGWキャンプ

Dsc_6900_2


今年も少し遅めのGWを過ごしてきました。




現在キャンプ場内が護岸工事中でオートサイトが使えなかったり川へ下りれなかったりと




不便はあったものの、やっぱりココはイイトコだった~。









Dsc_6825


いつもの場所へ無事設営。




ランチは、









Dsc_6828


これまたいつものソースカツ丼。 TSURUYAで買ったスイカはシノン用。




私、あんまりスイカ好きじゃない・・・。









Dsc_6841


Dsc_6846


今年もシノンは放っておくとずっとアリを捕まえてはハムハム、ハムハム。




さすがに最後の方は 「ダメ!」 と怒る気力も失いました。









Dsc_6864


初日の夕飯はあらかじめ作ってきたモノを中心に構成。









Dsc_6869


夜になってもソワソワが治まらないシノンはテント内をしばらくカサカサ動き回った後、




私のシュラフに潜って寝てしまい・・・仕方なくタオルケットで寝た初日でした。









Dsc_6895


翌土曜日も朝からイイお天気。









Dsc_6876


鴨つみれ蕎麦で朝ごはん。









Dsc_6883


Dsc_6891


コーヒー飲んで朝のひとときを満喫。




普段は一泊キャンプばかりだから朝からのんびり出来るのはすごく嬉しい♪




そうこうしていると、









Dsc_6911


わが家にお隣さんが。









Dsc_6933


テツ家が週末1泊で遊びに来てくれた!




以前から 「きっとテツ家は好きなハズ」 と思っていたココへ今回お招きしました。









Dsc_6904


そしてランチはソースカツ丼を強要(笑) 




味噌カツ文化の二人に受け入れてもらえるか不安だったけど気に入ってくれてヨカッタ!









Dsc_6936


わが家お気に入りの釣堀食堂へもご案内。 今年はまだ藤がキレイに咲いていました。









Dsc_6958


有無を言わさず五平餅を食べさせる!




はぁ、やっぱりココでいただくビールは最高。









Dsc_6971


夕飯はめぐちゃんの唐揚げ+ハイボールから始まり、〆は異常な量のいくら丼(250g/丼)。




ストーブのいらない心地いい夜でした。









Dsc_7020


翌日曜日。




見ての通りのいい天気。









Dsc_7013


朝食はめぐちゃんがタコスをご馳走してくれた! これが美味しかったーっ♪









Dsc_7037


テツ家がキャンプの〆に選んだのは釣堀食堂(笑) やっぱり足が向いちゃうのよね、ココは。 




ラーメン、カレー、フランクフルトというワンパクメニューを平らげて帰宅の途につかれました。









Dsc_7045


なんだか寂しさ漂うわが家のテント。




この後の様子、全く写真が残っておりません。 意気消沈したのかな?




翌月曜日、わが家も撤収です。




朝の涼しいうちにとっとと片付けてキャンプ場を後にしました。(平日は工事始まっちゃうから)









Dsc_7062


道の駅とTSURUYAに立ち寄った後、こちらで持ち帰り用のソースカツ丼を購入。









Dsc_7089


途中で適当な公園へ寄って最後のソースカツ丼(笑)




同じソースカツ丼でも明治亭とソースの味がぜんぜん違う!









Dsc_7072


シノンのお昼はおにぎり2個。




お腹をしっかり満たして帰ります。









Img_3941


SAで食べたソフトクリーム。 美味しかった♪




こうしてわが家のGWも無事に終わりました。









Dsc_7003


べんちゃん、めぐちゃん、テツ、いろいろありがと~楽しかった!




また工事が終わった頃にでも行こうね。









Dsc_6887


isaさん、今年もお休みありがとう。 




しかしだね、夫婦と言えど思いやりは大事! 次回は帰宅後に説教されないよう頑張れ。




シノン、今年もお付き合いありがとね。




アリ何匹食べた? ハイエースから飛び降りたよね? チビッ子に興奮しちゃったよね?




今年10歳だぞ! 改めろっ。




それではまた来年。














※パソコンを買い替えたのを機にブログも整理しており、その際一時的に閲覧が不可となります(パスワード入れろって出るかと)。 PWで閲覧を制限しているワケではありませんのでよろしくお願いいたします。 










«今年も