« ふもと村キャンプ 2日目 | トップページ | まっ、いつものことですが »

2010年8月11日 (水)

ヒキガエル中毒と犬について


実は。




この前のキャンプの時、わが家のサイトに珍客が訪れました。







Photo
わかりますか? こう見るとすごく小さく見えますが6cmほどの大きさの、







Photo_2
カエルです。




私、この手のモノは一切ダメで一人奇声を上げていたのですが・・・




その時 思い出したんです。以前、




犬の病気の本で 『ヒキガエル』 の文字を目にしたことがあったのを。




・ヒキガエルの何が犬の病気と結びつくのか?
・このカエルが何カエルなのか?




この時はわからなかったので家に帰ってから調べようと思い、見たくもないカエルにカメラを向け数枚写真を撮り、カエルにはお帰りいただきました。




で、正体がわかりました。







Photo_3
なぜわかったかというと、お隣のキャンプ場のHPに書いてあったんです・・・




「施設内にある池では春から夏にかけて、アズマヒキガエル・モリアオガエルの2種類のカエルたちが産卵のために大集合します・・・」 と。




「むむぅ・・・そこから来たのかぁ((・(ェ)・;))」




それで、一応この子もヒキガエルであることがわかったので犬との関連性について調べてみたのですが、




ヒキガエルって毒があり、たびたび犬による 「ヒキガエル中毒」 が報告されるらしいのです。(以下、私がググって得た内容を書きます)







Photo_4
ヒキガエルには外敵から身を守る為に、目の後ろにある耳腺(耳下腺)にブフォトキシンという毒素を蓄えていて、




咬まれたり・掴まれたりすると、これを分泌するのだそう。




ブフォトキシンには、




・ブフォニン (神経系の毒) 麻痺・幻覚を引き起こす成分
・ブフォタリン (ステロイド系の毒) 過剰な強心作用のある成分




があるそうです。




犬が咥えたり・舐めたりすることでこの毒が分泌され、口の中が麻痺し、よだれを垂らしたり嘔吐するなどの中毒症状が現れ、最悪の場合は呼吸困難や痙攣を起こし、死に至るケースもあるそうです。




「めちゃくちゃ危ないじゃん・・・(lll゚Д゚)」




もし愛犬がヒキガエルを咥えていたり、舐めたりしていたらすぐにカエルを引き離し、犬の口の中を大量の水で洗いすぐに動物病院に行ったほうがいいそう。




食べてしまったら・・・かなり危険だそうです。(まぁ食べないとは思うけど)




このわが家の珍客を最初に見つけたのはシノンでした。 が、







Photo_5
この時シノンはisaとテント内にいた為、カエルに接触せずに済みました。




外にいたら・・・そう考えるとちょっと怖いです。




そしてこのヒキガエル、毒を蓄えているだけあって少々人が近付いたぐらいでは逃げません。堂々としたもんです。




ヒキガエルがどういうところに生息するのか? どういう地区にいるのか知りませんが(東京ではアマガエル? しか見たことないけど・・・)




たまねぎやチョコレート中毒以外に ヒキガエル中毒 もあること、




知っておいて損はないかもしれません。




※知らなかったのは私だけなのか?











にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ 写真といえ、カエルを見てたから気持ちわるぅ(@Д@;

« ふもと村キャンプ 2日目 | トップページ | まっ、いつものことですが »

コメント

おまえたちがカエレ!ツボにハマりましたcoldsweats01実は蛙好きなんですよ^^特にアマガエルがhappy02
そういえば幼少の頃近所の公園でイボ蛙(メロン位の大きさ)を見つけ捕まえ抱き上げた時全身のイボから白い液が噴き出し数時間後に両手の皮が熱を持ちズル剥けになったのを思い出しました。hospital
昨日自宅近くでカブトムシを母が捕獲しくぅが戦いを挑んでました(ネコパンチしてた)coldsweats02なぜかヨダレをもの凄く垂らしていたwobbly

え~っ意外なものが危ないんだね~知りませんでした。
時々月島で会う?カエルがいるんだけど、なたパパに聞いたらヒキガエルの一種だったみたい。。
私も結構カエル好きですが(笑)こわい。。
知らずに「なたね~カエルさんだよ~」なんて対面させてましたsweat01全く興味しめさなかったけどね(笑)
やってきたカエルを真っ先に発見するあたりさすがシノンちゃんdogでも何事もなくってよかったですね
前にブドウ中毒を知らずに食べさせてパグちゃんを亡くしたオーナーさんに会ったことがあるけど、知識って大切ですね

ヒキガエルにドクがあるとは知っていましたが
詳しくは知りませんでした・・・
こちらは田舎なのでここ数日の雨模様の天気の日は
カエルが大喜びで鳴いて跳ねています
読めば読むほど怖いですね~
夜の散歩時など要注意ですね、勉強になりましたm(_ _)m

もも.pさんへ

イボから白い液体・・・まさにそれがブフォトキシンですねぇ。
日本ではありませんが、子供が死亡したケースがあるそうですよ・・・パパもそれ食べてたら今こうしてお友達にはなれなかったかも。。。良かった良かった( ´艸`)

くぅはカブトムシが ご馳走 に見えたのかな 笑
シノンはそういう時、ネコパンチじゃなく パクッ といくのでとてもデンジャラスです。もうカニさんのハサミも2本奪ってるしね・・・shock

なたママさんへ

カエルなんて大嫌いなのに(なたママさんは良く知ってるよね 笑)ますます嫌いになっちゃいました・・・というか怖いsweat02
シノンは絶対に興味津々で飛びついちゃうから気をつけなくちゃ!
なっちゃんは本能的に避けたのかもね~。
ママさんも触っちゃダメだよ 笑

食べ物の中毒はたまーに聞くね。知らなくてついつい食べさせて・・・っていうの。飼い主の無知は怖いよね。
よく 犬は雑食 ぐらいの考えで何でもあげようとする人がいるから気をつけないといけないね~。

ぶりとにー母さんへ

田んぼにいるのはアマガエルとかかなぁ?
私もカエルの知識なんてないからよくわからないんだけど・・・ヒキガエルは結構大型のカエルのようですよ。私が見たのもそこそこ大きかったです。

ぶりちゃんは慎重派そうだから大丈夫ですよ。問題はシノンです・・・土手のカニさんも既に2匹、シノンのパックン攻撃で大事なハサミを失っていますshock
動くものは気になって仕方ないようです。。。

この記事へのコメントは終了しました。

« ふもと村キャンプ 2日目 | トップページ | まっ、いつものことですが »