« じゃま | トップページ | 奥多摩:三頭山へ »

2010年10月22日 (金)

手の掛かる部分が違うのよねぇ

Photo
すっかり涼しくなってきて、シノンのお散歩も快適になってきました。







Photo_2
この時期、春とは違ったいろんな花がいたる所に咲いています。




そんな秋の花を見つけながらのお散歩が最近の日課で あっという間 に1時間ほど歩いてしまうので、シノンは少し しゅぽしゅぽ。 そんな時には、







Photo_3
エスカレーターも利用して快適にお散歩を楽しんでいますw




さて。







Photo_4
「そういえば・・・シノンずっとシャンプーしてないねぇ ((・(ェ)・;)) クサイ? 」




あれだけ山やキャンプに行ってるのに、もう2か月ぐらい洗ってません。




シノンは皮膚が丈夫だからブラッシングさえしていればサラサラ。それに、







Photo_5

Photo_6
爪は全く 伸びません。(お散歩で削れちゃうのねぇ)







Photo_7
この狼爪だけは伸びますが、3か月放置でもこの程度です。




肛門腺も溜まらない体質のようで、私は一度も絞ったことがありません。




こんなに手の掛からないシノンだけど、違うとこでは人一倍手が掛かります、




「ね? シノンっ」







Photo_8
「そうですyo 」




3歳になってもシノンはちっとも落ち着きません・・・。それどころか最近は、『小さなタイヤ』 に異様な執着を見せ、キックボードには飛びかかろうとします。




小学生の女の子が履いている かかとにローラーが入った靴 なんかも同じで、あれで滑っている子を見掛けたらもう大興奮で・・・。




昔、ちゃんと歩かないシノンの散歩が大変で辛かったけど今は別の意味でお散歩が大変です。




何だかなぁ・・・(A;´・ω・)
















私たち夫婦を見ていれば大人しく育つはずなのになぁ? にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ

« じゃま | トップページ | 奥多摩:三頭山へ »

コメント

わーーheart04かわいいお花ですねhappy01
私は花に詳しくないので名前はわからないんですが、
秋に咲くお花なんですかねぇ??

シノンちゃんは元気いっぱいなんですねnote
お風呂も2ヶ月に1回って親孝行ですね~up
うちのランディは家族になってすぐに湿疹が出たことがあったりして、
元々皮膚が弱いので、
お風呂に入れないと痒くなるらしくゴロゴロし始めるんですcoldsweats01
しかもお風呂がキライなのでお風呂に入れるときは、
まさに戦争ですcrying
でも私はランディが数日お風呂に入っていない時の、
独特なかほりが好きなんですけど(笑 マニアックでスミマセンsweat01
よく「手がかかる子ほどかわいい」とか言いますけど、
シノンちゃんの場合は、
「手がかかってもかからなくてもカワイイ」ってことですよねheart02

肛門腺が溜まらない体質っていうのうらやましいな~って思ってたけど、爪もこんなきれいに削れてくれるんだ~(笑)
手のかからない良い子だね♪シノンちゃんhappy01

ちいさなタイヤね~(笑)小学生が履いてる靴。実は持ってるんだ~(*≧m≦*)あえていつ買ったとはいいませんが・・バカだよね~私(恥)megさん欲しいですか?happy01
個人的にはおばあちゃんになるまで今のままのシノンちゃんでいてもらいたいです!

とら子さんへ

このお花、かわいいですよね~♪
ランタナ(別名:七変化) っていうそうです。ググッてみました。初夏から秋に咲く花らしいのですが・・・夏はあんまりお散歩しないから気付かなかったのかな???

ランディくんはお風呂嫌いですか・・・シノンはドライヤー嫌いですよsweat02
お風呂に入れるのはラクなんですが、タオルはたくさん使うし浴室は毛だらけになるし・・・結構面倒ですよねぇcoldsweats01 近くの病院で3000円ぐらいで洗ってくれるのでたまーに連れていってます。
私もほのかに香る シノン臭 が好きです♪

なたママさんへ

えーーーーーーっ!
あの靴持ってるのぉぉぉぉぉ Σ( ̄ロ ̄lll)
っていうか大人用も売ってるんだ~。 今度じっくり聞くね 笑

シノンは丈夫に出来てるみたいで手もお金も掛からないんだけど、ちっともラクじゃないのは・・・よく知ってるでしょ?
シニアになってもあぁだったらどうしよう。きっとなっちゃんも呆れて相手にしてくれないだろうしなぁ。。。
なんであんな風なんだろうね? シノンってbearing
おっかしいよねぇ~誰に似たんだろう?

この記事へのコメントは終了しました。

« じゃま | トップページ | 奥多摩:三頭山へ »